What's? 問屋

問屋としてのポリシー

優れた商品を生み出すメーカーと良質な商品を求める小売店の間に立ち、小売店をコーディネートすること。お客様が選択できる場面まで届けること。


  • 問屋のビジネスモデルとは?

    弊社が主に取り扱う「家庭用品」というジャンルは、身近な商品にも関わらず、消耗品ほど絶対的な大手メーカーがいません。型番商品も少なく、価格競争になりにくいというメリットもあります。

    家庭用品をコア商品として、品揃えと提案力にてナンバーワンになること。これが、弊社の目指す形です。

    品揃えを増やすためには、卸売だけでは限界があります。しかし、グループ会社である「リビングアンドヘルス」の直販体制を持っていることが弊社の強み。取引先の意向に左右されることなく独自のマーチャルダイジングを行うことができます。

  • トーホーコーポレーションとしての未来

    問屋という立場から実店舗の小売業界を見た場合、縮小傾向にあると感じます。しかし、近年お客様がご自身でネットショップを運営されることが増えてきました。

    実店舗に対する状況は依然厳しい状態が続いていますが、ネットショップ業界に関しては、売上も伸びています。

    メーカーによっては、直接販売をしていません。お客様が商品を欲しいと思った場合、問屋を通すことになるため、弊社からの仕入れ自体は増加傾向にあり、この流れをしっかり活かしつつ会社としての拡大を目指していきます。



 リクルートサイト