Warmheart 熱い情熱を持ち

Coolhead 冷静な頭で行動せよ。

「とりあえずNOではなく、とりあえずYES」です。提案に対して否定から入ってしまうと、前向きな議論はできません。だからまずはYESから入ろうよと。

もちろん、すべてにYESと言えばいいというわけではありません。前向きに捉える熱い心(ウォームハート)は必要ですが、行動するときは冷静な頭(クールヘッド)で、ということを重視しています。




問屋とは、メーカー・小売業・消費者という流通業全ての段階に関わる仕事です。「卸して良かった」「仕入れて良かった」「買って良かった」と言われる商売が基本。「大きなロットで出荷したい」と考えるメーカーと「適度な数だけ仕入れたい」と考える小売店の間に入り、物流の流れをつくりました。



商店街の中にある小売店は、後継者問題や高齢化により、規模を縮小。ホームセンターのような量販店は、過当競争による厳しい時代に。新規出店が相次いでいたときには、弊社の規模も拡大していましたが、出店場所や採算などの問題により、ホームセンターの新規出店が鈍化。既存店との取引だけで、収益を伸ばし続けるには難しい状態が続きます。



メーカー側は「特定の問屋にこだわる必要はない」、大手量販店側は「どの問屋からでも仕入れられる」と考えるようになり、問屋優位の状況が揺らぎます。しかし弊社にとっては「小さなメーカーがつくる良い商品を世の中に伝えたい」との思いに変わりはありません。得意先の売上を上げるためにはどうすれば良いのか、どのような売り場づくりを提案するのか、熱意を持って日々の仕事に取り組み続けてきました。



メーカー側の都合で廃盤になる商品であっても、弊社では人気商品になっていることも少なくありません。そこで、弊社専用アイテムとして継続して製造を依頼することに。全て引き取らなければいけないため、多少大きなロットにはなりますが、安定した数を納品できるようになりました。また、メーカーとの間では「こんな商品があれば面白いよね」と、新商品開発に向けた話も出ています。


今後も「メーカーさんの商品を広めていこう」「取扱商品や、取引メーカーさんの数を増やそう」「家庭用品・生活雑貨という範疇を出ることなく、深く掘り下げていこう」というスタンスは変わりません。

小売業のお客様、リアル店舗をお持ちのお客様にとって良い売り場を作るための提案を行うこと。家庭用品というジャンルでお得意先のお役に立つこと。この思いは、今後もブレることはありません。


 リクルートサイト